子宮全摘を控えた独身子なしアラフォーのブログ

子宮全摘で人生を取り戻した独身子無しアラフォーのブログ

子宮筋腫(粘膜下筋腫)で過多月経&貧血に苦しみ、ようやく子宮全摘を勝ち取った独身子なしアラフォー会社員のブログです。

入院①手術前日:剃毛、下剤、浣腸

13時に入院。
12時半頃病院に到着し、まず院内のコンビニで500mlペットの水を買い込む🥤半分くらいは炭酸水。
部屋に入ったらまず冷蔵庫にポイポイしました。

コロナ禍だったり安眠のためだったりで個室を希望していたのですが、婦人科病棟の個室には空きがないとのこと。循環器内科の病棟に入ることになりました。
部屋にはシャワーとトイレもあって、引きこもりには嬉しい環境です笑
f:id:Gonnhate_na_arou40nd:20210509083414j:plain
後で聞いたら婦人科病棟の個室にはシャワーがないそうで、逆に良かったかも。

パジャマに着替えたら身長・体重を計り、主治医をはじめ薬剤師さんや麻酔科の先生、色々な方が出入りして説明や確認。
そして来ました、この時が。

剃 毛

他の方のブログを見ると「上から5cmくらいを剃った」と書いてあることが多かったので予め自分でも剃ってきていたのですが、まさかのVゾーン全剃り要求😅

部屋にシャワーがあるのでそこで自分で剃って流して、看護師さんにはその間に違う準備をしておいてもらおう…となったのですが、
私「あのーこのくらいで…?」
看「あっ、もっとしっかり剃るんですよー。代わりましょう、やりますね」
私「Oh...」
シャワールームの中とはいえ下半身丸出しで若い女性に下の毛を剃られるという、一体なんのプレイかと…(やめなさい)

そんなこんなで剃毛が終わったら、

下 剤 祭 り

看「まず、これが14時の下剤(錠剤)です、今飲みましょう」
私「はい」
看「そしてこれが16時の下剤(液体)です」
私「ボトルがでかい」※250ml
看「今日の夜と明日の朝に浣腸もします」
私「お尻が死ぬ」

錠剤はピンク色のセンノシド、刺激性のやつですね。
液体はマグコロールというもので、腸内に水を引き寄せて出すタイプ。これがまあしょっぱいのなんの!そういえば腸内洗浄で塩水一気飲みとかありましたね。間違ったダイエットに走りかけていた時期に見た覚えがあります。

下剤を飲んだら効き始める前にシャワー。
髪を短く切っておいたので自然乾燥でOK。
さらに、「蓄尿の指示が出ています」ということで、大きな容器に出た尿をためておくことに。

そして17時過ぎからまずセンノシドの効果でグルグル…18時過ぎからはマグコロールの効果で水様便。
そしてそんな中運ばれてくる夕飯(笑)
f:id:Gonnhate_na_arou40nd:20210509084948j:plain
下剤で出している割に食事は普通です。

ここで役に立ったのが、持参していたトイレの消臭スプレーです。
扉はあるものの同じ部屋の中にトイレ、そこで何度も排泄をするし蓄尿容器も置きっぱなしなので、入るたびにシュッと一吹きしておきました。
持ち物についてはこちらにまとめています。
gonn.hateblo.jp


夜の浣腸は120ml。5分くらい我慢してくださいと言われましたが3分が限界でした。浣腸苦手なんです、変な汗はかくし動悸もするし…

そんなこんなで手術前夜は就寝。
ネスタという眠剤が出されて、ぐっすりでした。